野良猫みたいに生きている(PRO

交通違反の罰金が払えず労役90日→労役終了後3ヶ月間ホームレス生活→その後色々の備忘録

労役は家族.親戚が検察に罰金を支払うと即釈放

ココはM県S市W区 M刑務所。

 

◯1棟(別名センター棟) 建物内部はドーナツ状になっている。

1階は刑務官達の休憩室、宿直室などがあり、

 

2階は浴室(個室風呂、10人位が利用できる大浴場)

配膳室、(たぶん)縫製工場、独居、共同房があり、

 

3階は1室、2室が労役、3室からは懲役囚の共同房がある。18室から25室まではたしか独居(労役/懲役)だったと記憶している。

 

 

俺ことネコタは無車検/無自賠責の罰金45万が一括で支払えず

5月31日から90日の労役で ここ2室で内職を日々している。

f:id:usakohiroshi242:20181111221832j:image

同室は72歳窃盗(万引き)で罰金20万(40日)のカメイ、

f:id:usakohiroshi242:20181111221937j:image

 31歳酒気帯び(2回目)で罰金50万(100日)のイワシダ。

f:id:usakohiroshi242:20181111221954j:image

 

彼等は俺と同日に2室に入っており

(カメイは先日まで独居 )

しかも同じ区 同じ地域に住んでいる事もあって

我々3人は初日から仲良く生活していた。

 

6月14日 (追記6月6日でした訂正)

休憩の時間から遡って推測→9時頃だろうか?

初めて見る初老の刑務官が

「52番イワシダッ 面会ッ」と突然やってきた。

 

慌てて半ズボンにグンゼ(風)白肌着Tシャツで外に出ようとするイワシダに

上着着なさいッ」とやんわり厳しく注意する。

 f:id:usakohiroshi242:20181101173318j:image

「52番でます!」「ヨシ」→ボディチェック。

「休め→気をつけ!左向け左ッ」「前に進めッ」

と何時もの手順で共同房を出て行く。

 

少し離れた担当台(3階出口付近にある木製のカウンター )でまた、

 

「気をつけ→休め→番号ッ」「1ッ」「××(聞き取れない)1名」「1名ぇ〜ぃ!」

と担当センセイと初老センセイとの間で確認が行われ、

 

鉄の扉の開閉音からイワシダが3階から下に降りて行くのが分かった。

 

残された俺とカメイは労役の内職作業を黙々と続けた。

 

※続く