野良猫みたいに生きている(PRO

交通違反の罰金が払えず労役90日→労役終了後3ヶ月間ホームレス生活→その後色々の備忘録

労役とM刑務所の考査生

平成29年7月末 M刑務所で労役している。

窓に鉄格子、12畳(流し台、和室トイレ込)の共同房で4人。

 

基本24時間 部屋から出られない。

 

労役の作業も この部屋で行う。

週3or2回の入浴(15分)と

運動時間

(週2or3回、1回30分、雨天時は共同房内で体操)

以外は部屋から出られない。

 

軟禁状態。

ストレスで気が狂いそうだ。

 

食事と雑談、

午後6時からの地元局のFMラジオ番組

(正直面白くない)

大相撲のある時は5時からラジオが流れる。

 

火曜はNHK-第1の「きらめき歌謡コンサート」

木曜日はプロ野球

 

毎日15分だけ読むことが出来る読売新聞。

コレだけが楽しみな生活。

 

 

収監されている通称「センター棟」はドーナツ状の造りで

3階の1室、2室は労役囚。

3室から18室(多分)までが懲役の考査生。

19室から27室までが独居(多分)。空室もある。

 

出入り口は1箇所のみ。常時施錠されているスチールドアの横には

「担当台」と言う名称の木製カウンターがあり基本3階を統括している刑務官

通称「担当先生」が立ったまま常駐している。

 

隣の部屋からもう懲役だ。頭髪も坊主、称呼番号も3桁になる(M刑務所で労役は2桁)

 

 逮捕→留置所→拘置所↔裁判所→拘置所→刑務所の流れで拘置所から官物のキャリーバック持参でやってくる懲役は3階の共同房(若しくは独居)で一定期間勾留された後

それぞれの罪状でM刑務所内の工場棟、他都道府県の刑務所に護送されるらしい。

彼らが「考査生」とよばれる。

 

労役もだけど懲役達も収監当日の夜は「男子校の修学旅行の夜」的なテンションで少し騒がしい。

 

でも少しすると大人しくなる。

懲役は収監された日からの生活態度で「等級」が決まるからだろう。

 

でも7月中旬から8月半ばまで5室にいた懲役メンバーは独特だった。

 

4人部屋に若くて デカくて気合の入った ドンブリヤクザが2人いて(↓3人書いちゃったけど)

f:id:usakohiroshi242:20181111234659j:image

(教育プログラムで2室の前を通る時に覗き見した)

 

もう朝晩の点呼から様子が違う。

 

朝の点呼は1席から4席まで自分の番号を言うのだが

「いち!」の「ち」に被せて次席が「に!」

さらに被せて次席が「さん!」「ん」に被せて「し!」と廊下に響くほどデカい声で叫ぶ。

 

夕方の点呼は称呼番号だがコレも

「356っ!」「398っ!」「284っ!」

「421っ!」

 

と称呼番号の「番(ばん)」の「」に強くアクセントをつけ、更に「ん」に被せて次席が自分の称呼番号を同様に叫ぶ 独特な言い方をしていた。

共同房に出入りする時も同様に

「356番出っす!」「356番入りっす!」と「」に強くアクセントを付け大声で叫んでいた。

 

サギミヤが「俺達も懲役のアニキ達に負けてられないっスねw」

f:id:usakohiroshi242:20181112150454j:image

「俺達もやりますかw」と言い出し

次の日から俺達(ハブヤは加わらなかった)3人も真似する事にした。