野良猫みたいに生きている(プロ

交通違反の罰金が払えず刑務所で労役90日→労役終了後3ヶ月間自立支援ホームで生活→その後色々の備忘録

労役と刑務所内で筋トレダイエット(ビフォアーアフターの写真あり)

労役で刑務所に収監される時 密かに「筋トレ」をしようと考えていた。

 

以前みた海外ドラマでは囚人が筋トレして居るシーンがあって あそこまで自由に出来るわけがないとしても

暇な時はとにかく腹筋、腕立て、スクワットをして

多少筋肉質になってムショから出よう…と考えていた。

 

 

ところが収監されてみて現実は… 

刑務所内で1日のうち運動(筋トレ)出来るのは・・・

午前10時からの30分間の室内運動の時か

(雨天時、外運動のない日)

(免業日は午前10時半から15分、午後2時半から15分だったと記憶している)

 

午前中 外運動(ゲージ、月1.2回グラウンド)のある時(30分)しか出来ない。

 

そこで自分で考えた筋トレメニューは

①両肩を30回ゆっくり回す。

②首をゆっくり30回す。

③ゆっくりスクワット30回。

④腕立て伏せ(最初は10回出来なかったけど90日後には連続40回まで

出来るようになった)

⑤足上げ腹筋(最初は15回からはじめた。90日後には連続50回2セット)

⑥体を左右にひねる60回

これを90日間 ほぼ毎日行った。

 

 

刑務所内(舎房内)は基本 座布団の上に座ったままの生活だ。

立って窓の外を眺めているだけで刑務官に

「立つな!座れ!」と厳しく注意をされる。

 

椅子に座らない生活は 膝、腰に物凄く負担だった。

真面目に運動しないと体が弱ってしまうし、

歩けなくなる。

 日に日に膝から下が弱っていくのを感じる。

 

実際のところ無理やり座らせて生活させるのは

受刑者を弱らせて刑務官に反抗しても直ぐ取り押さえられるように

するためなんじゃないのか?と勘ぐっていたので

とにかく限られた時間内は運動、筋トレを一生懸命頑張った。

 

共同浴場の脱衣場にタニタの体重計があったので

入浴ごとに自分の体重を確認した。

 

1日1500Kcal前後の食事、

16時の夕食から翌朝7時半までお茶しか飲めない生活、

加えて刑務所暮らしのストレスもあって

3週間経過したあたりから体重が減り始めて

90日の労役期間を終えて

 

体重は85.6kg→76kg

エストは96センチ→84センチまで体を絞ることが出来た。

f:id:usakohiroshi242:20190520183944j:image

労役に行く前夜。


f:id:usakohiroshi242:20190520183959j:image

90日の労役を終え刑務所から出所した日の夜。

 

 ちなみに2018年6月現在はすっかりリバウンドしています・・・・

 

 
 
 

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村