野良猫みたいに生きている(PRO

交通違反の罰金が払えず労役90日→労役終了後3ヶ月間ホームレス生活→その後色々の備忘録

労役生活と刑務所サプライズ

7月も後半 「2室」に新人が入った。

 

M刑務所で労役が新たに収監されるのはだいたい水曜日か木曜日。

 

新人はシラトリ

f:id:usakohiroshi242:20181108160056j:image

45歳 飲酒運転で罰金30万(労役60日)

中肉中背 銀縁眼鏡 の元ダンプ運転手

 

サギミヤ

f:id:usakohiroshi242:20181107182244j:image

41歳 無免許

3年間免許の更新をしないまま原付を運転

(古い原付バイクのブレーキランプの球切れでパトカーに止められ整備不良→免許の更新切れ(無免許が発覚))

で罰金20万(労役40日)

小柄で爆笑問題の太田似で無職。

の2名。

 

どちらもクセがなく共同生活に支障がないのが幸いだった。

ある日 午後の休憩時間に 廊下の奥から台車のキャスター音。隣の部屋でビニール袋の音と「ロールケーキ…」と声が聞こえる。

 

そして若い刑務官が突然

「はい!ロールケーキ」と1人1本ヤマザキのロールケーキを格子窓下の配膳台の上に置いていった。

 

我々は少し混乱する。

 

何でこのタイミングでロールケーキ?

このロールケーキはいつ食べるの?

1人1本は多いよね?

休憩時間 あと数分しか無いよね?

夕食後までとっておいていいのか?

 

俺は報知器をカッタンと押して刑務官を呼ぶ。

 

「先生 このロールケーキいつ食べるんすか?」

「今すぐ食べろ!時間ないぞ!」

 

俺たちは慌ててお茶も無いままロールケーキにかぶりついた。

 

1人1本は多いと思っていたが 甘いものに飢えていた為か意外と食べれたし、物凄く美味かった。

 

ビニールは作業再開した後「1番兄貴」が 回収していった。

 

それにしても あのロールケーキは何だったのだろう?

 

数日後 謎はあっさり解けるのだけれど

この時は疑問だらけだった。

 

刑務所暮らしで1番の驚きが

このロールケーキの一件だった。