野良猫みたいに生きている(プロ

交通違反の罰金が払えず刑務所で労役90日→労役終了後3ヶ月間自立支援ホームで生活→その後色々の備忘録

ホームレス

強制執行で自宅を追い出された話

生活に困窮した時の反省と相談する所

年末なのにアレな話だけど、 貧困は「真綿で首を絞められる」的に徐々にやってくる。 // 自分の経験だけど 「貧すれば鈍する」で「借金の返済」やら「滞納金の支払い」 等ででお金に詰まってくると焦りから正常な判断が出来なくなる。 優先順位とか 大事な事…

ホームレスの廃品回収業について思う。

toyokeizai.net 記事の「ホームレスの労働で最も一般的なのは、廃品回収業である」 で思い出したのだが、 北京五輪の直前(2004.5.6年頃)は いわゆる「資源バブル」で 工場で発生した端材を結構換金した。 売り先で様々な廃品回収業者を見てきた。 勤め先で話…

「施設A」男達のその後…

2018年4月某日の朝7時半 S駅前を歩いていたら 「施設A」の責任者である社会福祉士さんと バッタリ再会した。 お久しぶりの挨拶と世間話ついでに 「施設A」で一緒だった同居人達は元気でやっているか聞いてみた。 ●俳優の六角精児に似ている「乙さん」は S市…

1周年(出所してから)

つい先日 8月29日は 労役が終了した日(出所日)です。 アレから1年。 完全に異世界ワンダーランドだったM刑務所。 (↓異世界ワンダーランドの住人達) この瞬間もセンター棟 1室、2室で労役達が小机に向かって正座(安座)で千代紙を折りスティック糊で貼りつける…

俺の巣立ちと (小)事件(少し追記)

2017年12月1日(金曜) 遂に「施設A」から巣立つ時が来た。 前日の水曜日に乙さんがお祝いで 肉まんと缶ビール(!!)を1本買ってくれた。 (施設内は禁酒) 丁さんからは何故か?表面が傷だらけのレッドブルを1缶頂いた。 それぞれ事情が事情な連中だけにとても…

仕事見つかる…

2017年11月中旬 相変わらず更生緊急保護で施設暮らしをしていた。 嬉しい事に仕事と住む家は既に決まっていて、 12月1日(金)に引越し、4日(月)から職場に通う予定になっていた。 ●知人を通じて県北にある某工場を紹介していただき、 更に社長を通じて大家さ…

施設利用者たち

2017年11月中旬 相変わらず更生緊急保護で施設暮らしをしていた。 施設の住民(利用者)は ●俺(ネコタ) ●乙(おつ)さん ●丁(ちょう)さん ●己(き)さん (以上 仮名) そして施設を管理しているNPO法人の職員さん (宿直)だ。 // 4人とも訳あってホームレスになった…

2017年10月 急に入居者が増えた

2017年10月 施設「A」に3人目の利用者「乙」さんが入居してきた。 クセがない人で共同生活に問題は無かった。 (独り言ブツブツいう癖はあったが許容範囲) 立ち入った話はしなかったが 1週間程行動を共にして世間話をしているうちに ●家賃未払いで家賃保証会…

更生緊急保護 1ヶ月経過と施設Aに新人が入居

2017年10月 更生緊急保護でNPO法人の管理する施設「A」で生活していた。 施設での生活も慣れ、強制執行で家を追い出された後 世帯分離した母も 木造の安アパートに引っ越す事が出来て 生保の申請も通り とりあえず 生きて行くのに十分な生活を送っている。 ※…

路上系

2017年10月 緊急更生保護を受けて施設で暮らしていた。 自分自身が(強制執行で)ホームレスとなって NPO法人「O」の施設で生活しているうちに 今まで目を逸らしていたホームレスの様子が 一部ではあるけれど分かってきた。 自分もそうだったが いわゆる住む家…

強制執行された荷物の一部を取りに行く

2017年9月末、更生緊急保護で施設暮らしをしながら 役所と不動産屋を何度も往復して ようやく母の住むアパートの契約+生保申請に漕ぎ着けた。 和式トイレ、畳6畳+4畳の正直ボロい安アパートだけど今は仕方がない。 S市の生保住宅扶助の上限は¥37.000この予…

地域清掃ボランティアに参加する(2

2017年9月某日 2度目の地域清掃ボランティアに参加した。 生活困窮者の支援団体であるNPO法人「O」では週2回(水・金) 地域清掃ボランティア活動をしている。 「O」の施設利用者は参加するのが決まりだ。 水曜日の清掃活動は集合時間が朝早い為か?ワゴン…

地域清掃ボランティアに参加する

2017年9月5日から更生緊急保護で「衣・食・住」の支援を受けながら 社会復帰するべく就職活動をしている。 厚生省から委託されているNPO法人「O」の施設「A荘」 でもう1人先輩の利用者「甲さん」と共同生活している。 体格が良い角刈りの男で年齢は45歳前後…

更生緊急保護の生活が始まる

2017年9月5日 強制執行で家を失った俺は更生緊急保護を受け、 S市中心部から少し離れた施設で生活することになった。 6万弱の現金 スマホ、 リュック、3,4日分の下着、 ノートPC、筆記用具、 財布、銀行のカード、通帳、印鑑、免許、 黒のスキニージーンズ、…

更生緊急保護を受け 当面の寝ぐらが決まる。

2017年9月5日 90日の労役が終了してホッとしたのも束の間 出所1週間後に自宅が強制執行になり 母、弟、オレの3人はホームレスになった。 // 区役所と一般社団法人「P」のおかげで とりあえず 母は当面 市内のシェルターに、 弟は隣町の知的障害者施設に(ショ…

相談、世帯分離、そして更生緊急保護

役所の職員さんからもらったコピーを頼りに S市中心部、S市役所から徒歩2.3分の場所にあるマンション正面の階段を上がり入口2階左にある 一般社団法人「P」 http://www.personal-support.org/ を訪ねた。すがる気持ちだった。 職員さんに今回の顛末、現状を…

強制執行される

2017年9月某日 強制執行の日を迎える。 とりあえず強制執行後に役所に直行する予定。あとはノープランだった。 午前10時自宅前に大型の箱車が到着。 作業員6人程と人相の悪い背広の男性が3人きて淡々と状況を説明→荷物の運び出し。 母と弟は意外とおとなしく…

実はまずいことになっていた・・・・

2017年8月29日に出所して家族の無事を確認し 90日ぶりの自由を味わったけれど 実は頭が痛かった。 実は非常にまずい事になっていた。 細かい事情は書かないけれど 出所日から1週間後の2017年9月5日に 自宅が強制執行される事になっていた。 既にラミネートさ…