野良猫みたいに生きている(PRO

交通違反の罰金が払えず労役90日→労役終了後3ヶ月間ホームレス生活→その後色々の備忘録

労役と市長選挙

2017年7月23日は俺の住むS市 市長選挙の日だ。

 

さかのぼる事1週間ほど前(うろ覚え)

午前の労役中に左隣の「1室(労役)」廊下から

「…選挙…」と声がする。

 

ほう 選挙関連か。

 

まもなく 普段見ない刑務官(先生)に部屋の

配膳台(正式名称忘れた)の前に来るように呼ばれた。

 

先生「はい、称呼番号、指名」

俺「99番 猫田です!」

先生「7月23日の日曜日にS市の市長選があります。棄権するなら この用紙に住所、指名、指印押して」

 

※指印とは刑務所内における「印鑑」の代わりに押す左手 人差し指の指紋の事。

朱印は赤ではなく 黒。

 

刑務所の中で選挙するのも面白そうだな。

そう思った俺は

俺「先生、選挙してもいいですか?」

と聞いてみた。

先生「え?できるけど そうすると 貴方が刑務所内に居ることが役所に知られてしまうけどいいの?良いなら投票出来るよ」

 

別に知られても構わなかったけれど

先生の言葉のニュアンスから

「面倒臭い手間かけさせんなよ」を感じたので

棄権する事にした。

 

同様の説明はS市に住む他の人にも

毎回丁寧に説明していた。

 

 

結局全員 市長選挙は棄権した。

 

もしも 投票する意思を通したら

投票は刑務所内で市の選挙管理委員立会いで

するんだろうか?

 

ググってないから未だに分からない。

 

選挙の結果は翌日の夕方の読売新聞で知った。